愛情や慈しみを互いに持つ | 離婚を回避したい!そんな時は相談所に調査を依頼しよう!

離婚を回避したい!そんな時は相談所に調査を依頼しよう!

愛情や慈しみを互いに持つ

離婚回避をする為に必要な事は何でしょうか。夫婦間の信頼関係の他に、お互いへの愛情を感じられるかどうかだと思います。最近、お互いのパートナーのちょっとした変化には気付きますか?例えば、奥様が髪を切ったとか。ご主人が疲れてる様な気がするなどです。離婚に至るまでにお互いの関係性が冷めてしまった場合、その様なちょっとした変化には気付きません。お互いの表情すら認識していない場合は、残念ですが離婚を回避するのは難しいでしょう。もうそこには愛情は成立していません。恋愛当初の様なドキドキした愛情だけが必要な事は無いんです。長く生活を共にするパートナーへの深い愛情は、尊敬や尊さも入った穏やかな物へと変化して行くのが当然です。慈しみの気持ちを持ってお互いを思いやれる夫婦関係は、離婚とは程遠いものです。しかし、長く生活を共にして行くうちに、お互いへの愛情を当たり前に感じてしまうのも事実ですよね。毎日顔を合わせていれば、それは日常になってしまいます。いわゆるマンネリ化です。そのマンネリ化を回避するの為には一体何が必要なのかを考えてみましょう。自分が相手に対して当たり前に感じてしまうという事は、相手もまた、あなたを当たり前に感じているかも知れません。そんな関係性が、いずれ綻びを生み離婚にまで至るのですから、これを回避する方法は至ってシンプルです。自分がまず相手に対して慈しみを持って接する様に心掛けるのです。そうすると、相手もまた、その慈しみを持ってあなたがいる事を当たり前に感じていた事に気付き、関係性に変化が現れるはずです。人間として、お互いを尊重する事もなかなか大変な事なのですけどね。